有馬富士公園は、こんなところです。

1)県内最大の都市公園
 豊かな自然を活かし、「自然休養型の文化公園」を基本テーマとした広域都市公園です。全体計画416haのうち、出合いのゾーン70haがオープンしました。150名収容のホールを備えたパークセンターや、生態園、棚田などの野外施設が整備されています。

2)三田市立有馬富士自然学習センター(愛称:キッピー山のラボ)
 有馬富士公園と同時に開館。子供たちのための施設です。三田市の自然をテーマにした楽しい展示や、学習室、木工室などが整備されています。

3)人と自然の博物館との連携
 わが国有数の自然・環境系博物館である県立人と自然の博物館
が運営・計画に参画しています。博物館と公園が一体となること
によって、中身の濃いプログラムが展開されています。

4)有馬富士公園運営・計画協議会
 兵庫県、三田市、三田市教育委員会、人と自然の博物館、そし
て県民、市民の方々。これらが一丸となって、豊かな自然環境と
一体となった県民参画型の県立公園づくりに取り組むため、運営
・計画協議会が設置されています。



Copyright 兵庫県園芸・公園協会 お問い合わせ:info@hyogopark.com